今夜から始動(*^o^*)





暑い暑いお盆休みも とうとう終わりました。
皆さま どのようにお過ごしになりましたでしょうか?
私はお墓参りを兼ねまして、台風を待ち伏せすように東京へ上陸。
そして劇団四季「キャッツ」を観劇してまいりました。
この、2018年に大井町にできました劇場キャッツシアターは、「キャッツ」を上演する為だけに設置された円形劇場なのです。強気ですね。

キャッツ。
それは猫のミュージカル。
1981年にロンドンで初演、日本でも83年から演じられている作品なのだそう。
しかし、私の中でキャッツの予備知識はゼロに近く、🎵メ〜モリ〜〜 のフレーズと綺麗な猫のメイクだけ。

都会の猫たちがゴミ置場で歌や踊りを繰り広げるのですが、見る猫見る猫 誰も彼もスタイル抜群で見惚れちゃうし、肝心なところ歌だしで 実際のところザックリとしか理解しておらず…
終盤に盛大な歌とダンス、歌とダンス、クルクルクルクル〜🎵ネコは〜犬にあーらーずーー。。と こうきた。
でしょうね!
そうでしょうよ、だってキャッツだもの。

衣装といってもほぼ裸。ピチピチの全身タイツで あんなにクネクネとされ、そして華麗なダンスに美しい歌声。もうそれだけで素晴らしい、これぞまさにショーなのです。
そう、私はショーを観たのです。
ミュージカルってそう。
物凄く重要なところで説明的な台詞を聞いて理解したいところをグッと我慢して歌でねじ伏せられてしまう。

後日調べたところ、猫たちは天に召され再生される猫を誰にするのか選んでいたんですね。
そんなお話でした。キャッツ(´・_・`)

さて今夜から気持ちも新たに千歳に繰り出そうとしております!
皆さまも どうぞ久し振りにおいで下さいませ(o^^o)


☆ 浜松市 千歳 ラウンジクラブ カサブランカ では、ホステス・ウエイトレスさんを募集しております!お気軽にご連絡下さい。(^o^)

お休みのお知らせ

もう暫くお休み頂いております。
バカンスのご報告は19日、月曜からと相成ります。
楽しみにお待ちしております(^-^)


☆ 浜松市 千歳 ラウンジクラブ カサブランカ では、ホステス・ウエイトレスさんを募集しております!お気軽にご連絡下さい。(^o^)

欲求不満な子



自分は感情の欲求不満だと また急な申告がありました。
ヨガをしよう、ヨモギ蒸しがしたい、畑やろう!と色んな欲求を私にぶつけてくる彼女が感情の欲求不満とは よく言ったものです。
私からしてみれば、喜怒哀楽が割とハッキリしていると思うのに、、なにがご不満なのか。
キュンとしたい、悲しくなる程の恋がしたい…とまぁ要は そんな類いの事でした。

そんな彼女が ついに恋したのかもしれないと胸を踊らせた ある日。。
しかし浮かない顔で不満気味。
メールが来ない、電話がこない、お誘いが来ない…。だけど自分から誘うなんてカッコ悪い事なんてできない…
こんなに苦しいのが恋なら わたし恋なんてしたくない!
ついに こんな古内東子みたいなセリフまで飛び出す始末。
感情の欲求不満だなんて とんでもない、案外むき出しですよと教えてあげるのですが彼女は盲目。
メールが来ない、電話が来ない、お誘いがこない、、そんなこと私達ホステスは日常的に受けている仕打ちではないか!目を覚ませ!
や、大丈夫。
いま彼女は頭の中だけで感情の欲求不満を解消しているのです。
現実には何にも動いていない「恋かもしれない恋」と必死に戦って浮かれてみたり怒ってみたり 時に涙してみたりしているのでしょう。
大人になってからの涙は 熱くて重いと言っていました。
私は彼女から ドラマチックなセリフを もっともっと貰えることを、密かに楽しみにしています。

☆ 浜松市 千歳 ラウンジクラブ カサブランカ では、ホステス・ウエイトレス・ピアニスト さんを募集しております!お気軽にご連絡下さい。(^o^)

いと をかしʕʘ‿ʘʔ



ある雨の日。父が見慣れないグレーのズボンを履いていて、そして どうやら気に入ってはいない様子。
見慣れない色なだけで素敵だよと言うと
「だってこれヤマダモリオだよ」と言う。
ハナエモリとか、、そういう類いのブランドなのかと思いつつ、でも私知らない。同じ名前のお方は知ってるけど そんなブランド知らない…。
知らない事が悔しいので知ったかぶって一旦は へぇ〜と流したけれど…気になるので再度確認。
「ヤマダモリオっていうの?」
「っていうの?っていうかヤマダモリオ!」
何故かイラつき気味です。
何度かその やり取りがあり…
「ヤマダ…?って山田さん?」と もう若干怯えながら聞くと、やはりイラつきピークで
「山登り用!」
まさか!父はずっと山登り用と言っていたという衝撃∑(゚Д゚)

そして数日後、隣の家の娘さんは「海谷さん」に勤めているから朝6時半なんだって!
と父。
海谷眼科に勤めているから朝早いんだ…。
にしたって早過ぎるなぁとは思っていたけれど、それが実は「パン屋さん」だったと後日発覚∑(゚Д゚)
パン屋さん、海谷さん、パン屋さん…海谷さん…。ヤマダモリオ、山登り用…。
私の耳がおかしいのか父の滑舌の問題か、度々そんな事が起こり大笑いします。
平和過ぎて なんだか怖い…。


☆ 浜松市 千歳 ラウンジクラブ カサブランカ では、ホステス・ウエイトレス・ピアニスト さんを募集しております!お気軽にご連絡下さい。(^o^)

話したくなくなるね(-。-;



いちいち細かく上げ足を取られて あるお客様と険悪ムード真っ最中の今日この頃。
不機嫌にテレビをつけたら こちらでも細かい事を おほざき あそばせられております。
中日ドラゴンズ?の応援歌。
お前が打たなきゃ誰が打つ🎶
の 「お前」 は教育上良くないという意見が出て その応援歌は自粛だそうです。
どうしましょう…

私は特に熱狂的にスポーツ観戦しませんから いいんですけど、いちいちですよね。
選手名を呼び捨てで歌うのもダメと言い出しそう。
ではピンクレディ「サウスポー」にのせて新しく応援歌の一節をば…↓↓

『🎶みなぎる闘志を奮い立たせて下さい!
貴方に率先して打って頂けると助かります!
今!いや、ご自分のタイミングで!もし宜しかったら勝利を掴んで下さいね○○さん!🎶』
字余りだわ!

安倍さんがG20にて大阪城を各リーダー達に紹介し、復元したんだけどエレベーターまでつけちゃいましたと言ったことに対して批判が出たとのこと…。
階段を使えない高齢者や障害を持った方たちに配慮がないという事ですが…。
いいじゃない、つけてあるんだから。
そんな本気の重いやつじゃないと分かるでしょうに。
これじゃ復元じゃない!一刻も早く取り外すぞ!と言っている訳ではないのでしょう?
復元とは言いつつエレベーター付けちゃったら当時のお城と完全に一緒じゃないんだけどね テヘ(^_-)☆
というジョークでしょ?
海外のドラマや映画では敵に追い詰められて死ぬか生きるかのギリギリまで不謹慎にもジョーク飛ばしてくるじゃないですか…。そちらの方が私は好きじゃないですけどね。でも聞き流してますよ。
時と場合と状況から察して聞き流す事があっても いいと思うものですが…(*´-`)


☆ 浜松市 千歳 ラウンジクラブ カサブランカ では、ホステス・ウエイトレス・ピアニスト さんを募集しております!お気軽にご連絡下さい。(^o^)

ゴジラVSアラジン





映画館、ファーストデイという事で行ってまいりましたゴジラ。
やり過ぎました。盛り込み過ぎました。
容姿もちょっと外国人ぽくなったゴジラ。
人で言うなら金髪にして手足長くしたかな…みたいな感じ。
色々あれど、結果満足(o^^o)
キングギドラは絶望的に強くありたいし、怪獣たちは全部出したいし、ゴジラは特別な存在だし、日本代表 渡辺謙は出たいし
家族愛も友情も、なんなら怪獣たちにも尊敬や愛情みたいなものがある模様。
あ!あれもやりたかった、そうそう こんな感じも描きたかったんだよね!
派手に爆発させちゃってよ〜!核も使っていいからね!あ、だけど 主人公の家族は死なせないでね、しかも ちゃんと家で集合できる方が奇跡っぽくていいね…。
そんな制作側の様子を勝手に感じます。
ジャッキーチェンの映画にありがちね。
でもいいのです。こういう爆発物、破壊物は映画館で観たいですからね。

昨日はアラジンを観ました。
わたくし気持ちは乙女ですから、INDEPENDENCE DAY以降おさまっていたウィルスミスへの恋心が再発してしまいました。
全身が真っ青であろうが、恋に容姿は関係ないのです。

普段あまりに平凡な日々を過ごしているので、印象的な映像を観ると すぐに夢に出てきてしまう私…。
異国のイケメンたち、ステキな衣装、綺麗な街並み、夜空、青いウィルスミス、空飛ぶ絨毯、魔法使い、、ゴジラ、モスラ、キングギドラ、渡辺謙、爆破、雄叫び…
ちょっと寝るのが怖いです((((;゚Д゚)))))))
逆立った神経を皆さまに 治めて頂きたい…。今夜はそう願って出勤したいと思います。
どうぞ宜しくお願いします(*´-`)


☆ 浜松市 千歳 ラウンジクラブ カサブランカ では、ホステス・ウエイトレス・ピアニスト さんを募集しております!お気軽にご連絡下さい。(^o^)

奇襲だ!



長いお付き合いのお客様が重なる夜でした。
お店ごと、ママごと長い長いお付き合い。
そんな日に不思議な事に 昔ママの下で働いていた女性陣も遊びに来ておりまして、、、。
夜の戦国時代を生き抜いた彼女たちの勢いはまさに圧巻。
見事な酔いを見せて頂きました。
まぁ、ただ、本当にお酒が好きという事もあり ワインが飲みたいと しなりに しなって身体はしなり過ぎて横に近い斜め(・・;)
ワインなんて今日は飲まないよと言っていたお客様も
こんな押し問答するだけでお話もできないまま閉店になってしまうから今日はダメです!と制した私の言葉も虚しく、こんな事に負けちゃいられないと思ったのかワインが登場。
何が勝ちか負けか もはや誰も分からない。

ふと向こうのデーブルを見ると もう一人の武将は 潤んだ瞳でお客様の手を握りしめて そっと歌を歌っています。
夜の戦国、7つに分かれた各戦さ場(ボックス席の事ね)で、ブゥオオォ〜 ブゥオオォ〜とホラ貝が鳴り響き、毎夜毎夜 血で血を洗う合戦が繰り広げられていた事を想像する…。。恐ろしや…((((;゚Д゚)))))))

しかし、いつもと違う異様な空気の店内に、若干戸惑いながらも楽しく過ごして頂けたのではないでしょうか…。
とは言え、行き過ぎた行動も無きにしもあらず。
後日、ちょっと頼むよーーーー!と お小言を貰う覚悟は わたくし できておりますが、こんな特別日課的な夜がたまには あっても刺激的で良いのではないでしょうか??えへ。
そんなふうに甘えられる器の大きなお客様が揃っていて本当に良かったと思えてなりません。
時々 また抜き打ちで武将、遊びに来てくれないかな〜…
楽しみが また一つ増えました(*^▽^*)


☆ 浜松市 千歳 ラウンジクラブ カサブランカ では、ホステス・ウエイトレス・ピアニスト さんを募集しております!お気軽にご連絡下さい。(^o^)

カスタネットの謎(@_@)



いよいよ梅雨入りしたようですね。
先週は雨の中 沢山のご来店ありがとうございました(^-^)
さて…。
「あたし、カスタネットを上手に叩ける人が好き!」と自信満々に豪語する とある女子。
私それを聞くたびに何と返してあげたら良いのか途方に暮れます。
この度、またその唐突な言い切りに興味深い切り返しをしてくれたお客様が現れました。もはや救世主。
「カスタネットは何故赤と青か知ってる?」
今回はトリッキーな彼女に勝てる気がします。
赤と青がチラチラしていてオシャレ!と応戦してきますが不正解。
私に至っては挑戦者でもないのに早くもグウの音も出ません。
正解は、そもそも男の子は青、女の子は赤だったが、兄弟が男女だった場合 買い替える必要のないように配慮されての赤と青なのだそうです。
まだ日本の一般家庭が経済的にも気持ち的にも無駄に余裕があった頃もございましょう、ベビーブームなんて事もあったでしょう。
我が社のカスタネットを一つでも多く売ってやろう!あちらが赤と青なら我が社ではピンクも展開しましょう専務!
と、そんな算段があってもおかしくないのに、一家にカスタネットが2つも必要ないですよね?という気遣いなのでしょうか、なんと奥ゆかしい、懐に優しいカスタネット業界。
昨今のランドセルのような色の展開を私は疑問に思っていました。
ピンク、紫、淡いピンク、薄い紫、グレー、ヒョウ柄、シマウマ、モコモコ。茶。
赤と黒でいいじゃないか、世の中の祖父母たちは売り場で もう好きなのでいいよとサジを投げていると思います。悲しい場面です。
しかし私もカスタネットに関してはノータッチ。もしかしたらピンクも淡いピンクも作りましょうと事業計画を立てたかもしれない…。
私の まなこの曇りが少しだけ 剥がれたような気がします。
因みに、彼女はタンバリンを巧みに叩き散らせる人は好きではないのだそう…。
どうでも良いこと極まりないですね(*´艸`*)


☆ 浜松市 千歳 ラウンジクラブ カサブランカ では、ホステス・ウエイトレス・ピアニスト さんを募集しております!お気軽にご連絡下さい。(^o^)

誕生日週間のカオス(゚∀゚)





静か続きですが、時々ものすごく激しく 店内が盛り上がってしまう日があります。
それは曜日も天気も関係なく急に訪れます。
つい先日の大雨の週始め、誰しもがドロドロに酔って終わった日がありました。
次の日、穏やかなお客様の席で しおらしくチンと座った彼女たちが昨夜の様子を振り返り答え合わせをしている…。
わたし、誰それさんの所で記憶が途絶えてる…(*_*)
そうそう私もそう、だよねだよね〜私もその辺り!
と、わりと序盤で記憶が薄れてきていた彼女たち(*´艸`*)
あの日、閉店間際にお見えになったお客様に、今日たくさん飲んだの?と問われた時
「イモ焼酎一杯しか飲んでません」と言い張った彼女は決して嘘を言ったわけでも強がった訳でもない。本当にそう思っていたのです。
口いっぱいのツボ貝、話途中のうたた寝、帰り道の急な悲しそうな顔、「レモネードはやめた方がいい」という謎の言葉…。
イモ焼酎一杯より後には 面白い事だらけでしたが、この終始を全て知っているのは私だけかもしれません。
あくる日の あの答え合わせに私は口を挟みませんでした。
彼女達は彼女達なりに途切れた記憶を出し合って紡ぎ合わせ、「大丈夫だったね」という答えを出して安堵したのですから…(*´艸`*)

☆ 浜松市 千歳 ラウンジクラブ カサブランカ では、ホステス・ウエイトレス・ピアニスト さんを募集しております!お気軽にご連絡下さい。(^o^)

わたくし事の事(*´-`)



知ってる人しか分からないお話。
舞台「奇跡の人」を観てきました。
サリバン先生が高畑充希です。
小さな身体で舞台中を転げ回り、厳しくも優しいサリバン先生は思ったより元気で愉快で軽快でした。
舞台上には終始 井戸のポンプがあり、そこから水が出るたびに、あの最後の「w…w..water〜〜!」って言う。そこを目掛けて物語が進んでいく事を意識します。

つい先週、岡田くんの「白い巨塔」が五夜連続ということで、どれだけできるかやってみなさいよ という強い気持ちで見始めたのだが、、医療裁判でのあの「財前先生は嘘をついています!」これを言わせたいが為に中盤から急に登場した 追い詰められ役の医局員「柳原くん」。
あれ やりたいんだな…あのシーン目掛けて物語が進んでいく事を 同じく意識しました。
が、、、ヘレンケラーの井戸のポンプと柳原君とは全く違うものでした。
見えない聞こえない話せない三重苦の子供に、きちんと人として向き合って途方に暮れながらも 物には名前があるのだという事を理解させた奇跡のお話を、2時間半丁寧に丁寧に積み上げてからの井戸のポンプと…
准教授から教授になる為の根回しから嫉妬から傲慢から選挙から、、急な医療ミスやらドイツやら裁判マスコミ、マスコミ裁判、嘘嘘嘘嘘 からの「財前先生は嘘をついています!」の柳原君。
雑にも程がありました。
歴代の「白い巨塔」は半年もかけて大事に大事に放送されたというのに、たったの五夜。たったの5、6時間で全てやっちゃえる!と思えた人の気が知れません。

私たちホステスも、お客様に気持ちよく過ごしていただく為に 時に小芝居も必要な時があります。
小芝居は嘘をつくのでも騙すわけでもありません。お客様がほのかに望む答えがそこにある、と理解したら、そこに向けて気持ちよく物語を進めていくべきだと私は思うのです。
やるなら とことん大きな芝居を本当は打ちたい。毎夜毎夜わたしは藤原竜也になりたいのです。
なのに最近の千歳ったら、観客の少ない事この上ありません。
劇団員は毎晩 待ち焦がれています。

☆ 浜松市 千歳 ラウンジクラブ カサブランカ では、ホステス・ウエイトレス・ピアニスト さんを募集しております!お気軽にご連絡下さい。(^o^)