今天樱桃胜利(°▽°)!



照片的手机是运行滑稽的叔叔客户围绕花或只是在最近几年。
最后几天充满了樱花。
在家里的每一次开花, 很快超过母亲年龄和 sora恐roshiku。

昨天晚上看到我们的樱桃树有美丽!. 盛开的樱桃树, 给我看他的照片和照片。
失去后盾, 而我, 我们一直在寻找樱桃。
听点比奇怪, 好绽放在许多, 单独游荡不可能从任何地方容易地去。

今天晚上便利店。
舞蹈花瓣飘扬在风中, 日落和重叠, 这是惊人的(*´꒳`*)
在便利店是第一次的时候忘记买甜食。

今天不炫耀樱桃收藏吗?

樱桃巡逻队 (°▽°)



中午左右检查, 樱桃, 骑到外面。
在壮观的漫画, 如 "哦" 和 wamen 浮ki足立tte 樱花, 一对夫妇见面, 吃午餐, 并在一个响亮的声音嬉戏。
很多人, 最后喝醉了。
樱桃树的地方。
黑色酷夹克鞠躬, 戴着头巾, 面具太阳镜。
这是干草之间的一条细线的转变。
不要做一个和平的情侣或女人的危险什么的。
突然的正义感, 我把我的眼睛, 男人。
但被要求的家庭拍照, 但不幸的是, 我已经完全失去了太阳镜面具在那里。
我们打算作证的情况下, 当( *`ω´)

心脏修复的完成(°▽°)



那是什么?.。。
过去几天的礼仪是告别工作。
在卡萨布兰卡看到你的人是关心和告别聚会。
6看这里是五, 有10人吗?〜我还是没有看到任何人, 我不耐烦偷偷。

只是看看, 你刚刚给我拉小提琴在这里大约一年前, 昨晚是期待令人兴奋的 sowasowa 和三重奏也在玩。
"看, 夜之星。
"我的方式"
"Funiculi 会的。
无论多么吵闹, 开始玩耍, 即使每个人都进入倾听。
其他座位在一起, 卡萨布兰卡很快就变成了音乐会的场地。
我很高兴事情可以像往常一样工作, 每天晚上听现场钢琴音乐。
小提琴甚至可以感觉到音质的面部表情和播放器第一次暂停和呼吸, 当然, 钢琴和味的时候, 听音乐在前面。
洗净他的右脑╰(*´︶`*)╯
今晚我们有部分多云, 如此纯洁而闪烁的眼睛却没有聚集在卡萨布兰卡。
请清洁卡萨布兰卡来尝试!(^-^)

春季闪光 (^-^)



雨吹了起来, 今天是闪亮的空气锯(*^▽^*)
或因此, 它似乎从洗井, 经过很长一段时间的可能。
昨天我还没意识到还是冷的, 所以把靴子最近不情愿地放在钩针编织的靴子上, 为春天去上班。
通过风苏苏是明显的, 反正是很冷的。
它是早期的, 象春天春天端庄我想要。

我想知道今晚是否暖和。
检查樱桃的时候会起作用的
我们出去的时候有点激动!

竹子的人(是!)



到目前为止, 紧接着是死亡在附近。
灵气能源客户昨晚停在殡仪馆, 继续站在如此, 如此孤独。
不管有多无趣, 人们都可以回忆起旧的普通猪肉。

回顾赢利的身体是工作好和做什么, 并且大家有乐趣活泼时间。
它是在海克的故事开始的时候唱的, 正是这条街, 可悲和犹豫地说。
"我的铃铛男孩的声音..."( ˘ω˘ )
这个人甚至都不知道更深。
不是永远的辉煌, 思i上gareba, 是在秋季。 这就像一个春天的夜晚的梦想。
这就像飞翔的野巨人最终灭亡, 典型的风吹尘。
你喜欢吗。
是的, 生活是一个孤独的个人形象, 现在, 虽然说的东西, 所以抒情人经常表达, 成为一个成年人, 所以熟悉, 我认为这是。

我只会传染人的情绪。
今天是阴天的天气模式。
再次, 我是孤独的, 和不可抗拒的。
像这样的一天, 你想和某人谈谈。
去卡萨布兰卡, 是的!
不是我在卡萨布兰卡(那似乎是空洞的)抒情我们期待着(*´艸`*)呵呵

河津樱花盛开, 而不是太(*^-^)布鲁诺 !



我今天见过河津樱桃树。
它已经过了它的顶峰, 与强奸的合作, 一个早春的感觉。
去年的生日在樱花的那天, 提醒我在树下吃午饭。
而且很有趣。 我爱春天(^-^)

花粉猛烈射击目前, 娇小的花朵在今天看到我母亲坚决拒绝在外面吃午饭。
无论如何, 告诉我你有过敏症, 其实去年没有那么痛苦。
变老, 谁喜欢褪色! 说, 这样的事情是说, 在老人还不太遗憾。( *`ω´)

从暖和一点, 到目前为止, 我们在卡萨布兰卡挤满了人。
花粉还有今晚, 请过来一下!〜(*’▽’*)

3.11

昨日は3/11。あの震災から7年だそうです。東北という遠い地での揺れを、ここ浜松でも感じた あの午後の事を、私はまだ鮮明に覚えています。
父も母も一緒に居て、私はキッチンに立って居ました。
目が回るような感覚があり、私たちは各自 体調が悪いのだと思った、そんな不思議な揺れでした。

現地は そんな呑気な感覚に襲われる間も無く厳しい現実を突然突きつけられたのです。
激しい揺れ、そして津波…。
ここは絶対安心だと言われていた建物、避難訓練に使われていた施設に逃げ込むのが精一杯。しかし それらも 呆気なく津波に飲み込まれたのだそうです。

亡くなった方たちの無念さや恐怖は計り知れませんが、その恐怖を目の当たりにして命からがら逃げきれた方々もまた、今もなお その記憶が消えないまま日常を生きてゆかなければいけない。
当時テレビで、津波に飲み込まれた自分たちの町を見た 車椅子に乗ったお婆さんが
「生きて残りたくなかった…」
と呟いていた言葉に 私はとても衝撃を受け、悲しい気持ちが今でも残っています。
命が助かったからと両手放しに喜べない、むしろ絶望。 とても複雑というかショックというか それが現実というか…。
更に原発も含め、綺麗事を言っても解決しない、綺麗事じゃなくてもそう。
せめて我々は、こうして度々振り返り、話をし、意識する事が大切な一歩なのだと思いました。

花粉の攻撃 まだ序盤(*≧∀≦*)



今年も花粉の季節がやってまいりました。
去年の今頃、1日ゴルフ場に居て地獄を見た方、帰りたいと駄々をこねた方、大きなお風呂に頭から入ってハシャいだ あの方…。今年も苦しい闘いが始まっている事と思います。
先日、お食事をご一緒したお客様は お箸の前にキチンと花粉症の薬を用意し、食前にキッチリ飲んでおられました。
ビールで…(° Д °)
花粉症のお薬は、お酒を飲んだら効かないんだけどね…。
分かっていながら ほんの少しでも効いてくれたらな…という ほのかな期待でしょうか。
目がツライ、鼻が苦しいでもお酒は飲みたい!ちゃんと食前に薬飲むから〜!
…。分からなくもないです( ˘ω˘ )

毎年お医者さんには行かず気合いで何とかなる!と言い張るお客様もいらっしゃいます。
でも毎年 気合いでは何ともなっておりません。
先週も お食事デートを断られたばかりです。
まだ花粉症にお悩みで、お医者さんに行っていない方、、どうか素直になって とりあえず西洋医学に頼ってから対策を練りませんか?
雨降りの今夜、カサブランカで作戦会議いたしましょう(^ ^)

急いで雛祭り!o(^-^ o)(o ^-^)o



今年は花粉の到来が早くって…お雛様も少しないがしろ、そんな気がしますが私だけでしょうか。
毎年この時季は清々しいお天気で、朝からお揚げを煮たり錦糸卵を作ったりしていたと思うのですが。
今年は急に曇ってみたり肌寒くなってみたり…花粉の攻撃もあって私は塞ぎ込みました。

さて今宵、カサブランカには姫が沢山待機しております。
ほら どこか寂しそう。
早く迎えに来て下さいね^ ^
お待ちしています(*´-`)

そだね



言うよ、言いますよ、言いましたよ。
そだねーって話題に出しましたよ。
ただ、これは話題にのぼる程度の事で、テレビで特集する事でもない。
そだねーって言ってるね、可愛いね、おやつ食べてるね、もぐもぐタイムって名付けちゃおうか…
そこで止めておけばいいものの、いつまでもいつまでも特集。
5人のイントネーションが微妙に違う事に気付いただろうか!◯◯研究家の誰それによると、出身地がそれぞれ違うからではないか!という事です。
そんな事 心から どうでもよい。

テレビが いつの日からか つまらない…。
漫才師が漫才をしない、歌手が昔の歌をカバーばかりする…。
テレビっ子の私は おのずとカサブランカが唯一の楽しみになってくるわけです。
皆さんも そうは思いませんか?
今夜は誰に会えるかな…。。
そうとう楽しみに今宵も首を長くして皆さまをお待ちしております( 是!)